Buffalo IT Solutions

掲載記事

健美家取材班賃貸経営レポート
(記事提供:健美家様)
繁忙期に
埋めきれなかった
アパートが
満室になった理由

動きのないシーズンほど人気設備が強みになる!

慌ただしい繁忙期が終わり、引越しの少ない閑散期に突入。埋めきれなかった空室に悩む大家さんも多いだろう。空室対策にも様々なノウハウがあるけれど、人気設備を取り入れることが効果的だと言われている。

「中古も新築も入居者に選ばれる物件、選ばれない物件の二極化が進んでいます。中古物件では同じ家賃でもどれだけ快適に住めるのかが重要になります。そうした中で、無料インターネットは安定的な人気を誇っています」

こう語るのは、株式会社バッファロー・IT・ソリューションズ( 以下バッファロー )神奈川営業所 鳥谷部( とりやべ )氏。地主の相続税対策でたくさんのアパートが建てられており、エリアによっては需給バランスが崩れて、新築なのになかなか満室にならないアパート・マンションもある中、もちろん中古アパート・マンションの競争も激しい。

「やはり無料インターネットは定番の人気を誇っています。スマートフォンやタブレットの普及から、若者はもちろんのこと、中高年や高齢層にとっても必要不可欠といえるインターネットは、いまやインフラだといって過言ではありません」

と鳥谷部氏は続ける。というのもスマートフォン自体の通信機能には、契約プランによる容量制限があるため、動画やゲームを長時間楽しむヘビーユーザーには、制限のないWi-Fi通信を無料で使えることが強みとなる。

またオプションプランとして、Wi-Fi導入に合せた監視カメラ設置も人気を集めている。不審者対策やイタズラ防止といったセキュリティ面に対しても、入居者の意識が高くなっているのが理由だ。

最新タイプの防犯カメラ。夜間撮影が可能で、撮影範囲の設定ができるのが特徴だ。
株式会社バッファロー・IT・ソリューションズ 営業本部 営業部 神奈川営業所 鳥谷部大地氏

株式会社バッファロー・IT・ソリューションズ
営業本部 営業部 神奈川営業所 鳥谷部大地氏

株式会社バッファロー・IT・ソリューションズは、株式会社バッファローのノウハウを生かした無線・ネットワーク調査・施工・設置設定・保守、コールセンターと連動した24時間365日の保守体制で全国均一のサービスをご提供いたします。

税金対策を兼ねて「アパートWi-Fi」を導入

今回は「 アパートWi-Fi 」を導入した不動産オーナー 五十嵐未帆さんに話をお伺いした。以下、インタビュー形式で紹介する。

――アパート経営をはじめたきっかけを教えてください。

五十嵐さん
「10年以上前に父から中古アパートを継いだのがアパート経営のきっかけですが、自分自身で物件を買いはじめたのは2011年からです。それまで共働きをしていましたが、子育てしながらフルタイムの仕事にすることに限界を感じたのです」

――これまでの賃貸経営でトラブルなどはありましたか?

五十嵐さん
「最初に購入した地方のRC造マンションで遠隔運営の難しさを知りました。その後は自宅から車で30分の新築アパートに絞って物件を購入しています。この春にも1棟竣工したのですが、おかげさまで引渡しシーズン前にほぼ満室になりました」

――「アパートWi-Fi」を知ったきっかけは?

五十嵐さん
「昨年の賃貸住宅フェアです。アンケートに答えたらマウスがもらえるというキャンペーンをされていて、寄らせていただきました( 笑 )」

――無料インターネットの導入を検討した理由は?

五十嵐さん
「今回お願いしたのは2棟です。理由は空室対策ですが物件を売却して利益が出たことあり、節税対策で設備投資を行ないたかったという事情もあります」

――なぜ「 アパートWi-Fi」を選んだのでしょうか。

五十嵐さん
「やはり大手メーカーとして知名度と信頼性がありました。なにより外付けのWi-Fiの設置できるということも魅力でした。ところが実際に調査していただいたところ、電波不良が判明しまして、各部屋に回線を引き込む各戸設置タイプとなりました。

各戸設置であれば、バッファローさんにこだわることがないのですが、他の業者さんは見積もり書1枚だけのところ、冊子になっていて取付場所など具体的な説明もあってわかりやすかったのでバッファローさんに決めました」

――サービス開始後、空室対策や退去防止など、導入効果はありましたか?

五十嵐さん
「1棟は10部屋中7部屋工事完了しており、防犯カメラもつけたことで退去があってもすぐ入居も決まり満室経営を安定させることができました。もう1棟はバス便の物件です。

やはり駅から離れた物件は客付が大変です。繁忙期すぎても入居がつかなかったのですが、『 アパートWi-Fi 』を導入したおかげか、ようやく最後の1室にお申込みが入り安心しました」

――導入にあたりトラブルはありましたか?

五十嵐さん
「やはり、各戸に回線を引き込むタイプですと、入居者さんのお部屋にお邪魔しなくてはいけません。そうなると、どうしても工事の進みが遅いですね。

バッファローさんと打ち合わせして排水管高圧洗浄の時のようにご入居者様に直接アプローチして工事日程を調整し、全室導入できるように進めていく予定です」

――防犯カメラについてはいかがでしょうか。

五十嵐さん
「ゴミ出しのマナーが悪くて注意喚起するときに、防犯カメラが抑止力になると考えています。しかし、ゴミ出しのマナーが守られていないときに防犯カメラを確認しましたが、少しの影や植栽の揺れでも録画されているので、確認時間が膨大になり犯人特定までたどり着けませんでした」

――最後に五十嵐さんのこれからのアパート経営への取り組みを教えてください。

五十嵐さん
「今後は規模拡大というよりも物件の質を高めていきたいと考えています。そして、より良い賃貸住宅を提供することで社会貢献し、不動産で生計を立てようと頑張っている方々の支援ができるようになりたいですね」

【お話をお伺いした五十嵐未帆さん】
新築アパートを中心に8棟75室を所有。女性オーナーのコミュニティ「 エレガント・オーナーズ 」を主宰。
【神奈川県横浜市にある五十嵐さんの物件】
「アパートWi-Fi」を導入した物件は東急線、JR線が乗り入れる人気の菊名駅にある。

物件によって共有部設置タイプ、各戸設置タイプが選べる!

さて、このように空室対策に最適な「アパートWi-Fi」。対象物件はアパート・マンション全般。築年数や高層・低層などは問わない。五十嵐オーナーの所有物件のように電波状況の悪いアパートやRC造のマンションには、各戸設置タイプが向いている。

「既存電話線用配管を利用し各戸までLAN配線してWi-Fi機器を設置する仕組みです。インターネット回線・保守料金も含んだオールインワンパッケージで、戸数に応じた価格設定で物件規模にあわせた導入が可能で、価格は見積もり式ではなく全国一律でわかりやすくしています」

と、鳥谷部氏。対象エリアは沖縄以外の全国。初期費用(工事費・機器費)を一括で支払い、回線費・保守メンテナンス費を月々支払うという選択にくわえて、家賃収入の中から、初期費用・回線費・保守メンテナンス費を月払いする“初期費用0円 6年間分割払い”も好評。

また、オプションの監視カメラも同様に一括払いと6年分割払いから選ぶことができるそうだ。費用対効果の高い空室対策・退去防止に、「アパートWi-Fi」・監視カメラを検討してはいかがだろうか。

◯詳細・お申込
/apartwifi/p05.html

株式会社バッファロー(旧社名:株式会社メルコ)は愛知県名古屋市に本社を置く、1975年創業のパソコン周辺機器メーカーで、Wi-Fi機器国内シェアNo.1。

導入事例

お問い合わせ

お問い合わせはこちら
バッファローITソリューションズ メルコグループ