Buffalo IT Solutions

掲載記事

健美家取材班賃貸経営レポート
(記事提供:健美家様)
ライバル物件が多い中、
「築40年の学生向けアパート」が高稼働するワケ

ライバル物件との差別化に最適

念願の大家デビューを果たしたが、空室がなかなか埋まらない……そんなサラリーマン大家さんが増えている。特にライバルが多い物件といえば、大学のある街に建てられた学生向けアパートが代表的ともいえる。

「地主さんが大学生需要に当て込んで、たくさんのアパートを建てています。オーナーチェンジで高利回り物件が買えたとしても、きちんと稼働させなければ家賃収入は得られません。そこで、稼働率を上げるためにアパートWi-Fiを検討されるオーナーさんが増えています」

そう語るのは、株式会社バッファロー・IT・ソリューションズ( 以下バッファロー )営業部・東日本営業所所長の横山 奨氏。たしかに学生街では大学生需要に当て込んで、既存物件はもちろん新築物件も増えている。都心でも郊外でも地方であってもそれは同じだ。

「シングル向けの物件は、間取りの差別化が難しいもの。もちろん、新築物件は人気があります。中古物件の場合には、同じ家賃でどれだけ快適に住めるのかが重要です。そうした中で、無料インターネットはもはや定番の人気といえます」

スマートフォンやタブレットの普及から、若者にとっては必要不可欠となっており学生からのニーズも高い。というのも、スマートフォン自体の通信機能には、契約プランによる容量制限があるため。動画やゲームを長時間楽しむヘビーユーザーには、制限のないWi-Fi通信を無料で使えることが強みとなる。

またオプションプランとして、Wi-Fi導入に合せた監視カメラ設置も人気を集めている。不審者対策やイタズラ防止といったセキュリティ面に対しても、入居者の意識が高くなっているのが理由だ。

株式会社バッファロー・IT・ソリューションズ・ソリューション 営業部 東日本営業所所長 横山 奨氏

株式会社バッファロー・IT・ソリューションズ
営業部 東日本営業所所長 横山 奨氏

株式会社バッファロー・IT・ソリューションズは、株式会社バッファローのノウハウを生かした無線・ネットワーク調査・施工・設置設定・保守、コールセンターと連動した24時間365日の保守体制で全国均一のサービスをご提供いたします。

学生街で築古アパートを管理するオーナーにインタビュー

今回は実際にアパートWi-Fiを導入した不動産オーナー、Yさんに話をお伺いした。以下、インタビュー形式で紹介する。

義理の両親は学生食堂を営みながらアパートを経営していた。
現在は近隣に住むYさんが入居募集や管理の手伝いを行っている。

――アパート経営をはじめたきっかけを教えてください。

Yさん
「正確に言うと、私はオーナーではなく、妻の両親がアパートを所有しています。義父は脱サラして飲食店を経営しながら、アパートを購入したそうです。私はこの5〜6年、管理の手伝いをしています」

――どのようなアパート経営をされていますか?

Yさん
「昔ながらのやり方で、お家賃は学生さんから手渡しで受け取っています。釣り好きな義父がたまに学生さんに料理をご馳走したりと、ゆるいコミュニケーションをとっています。
そんな昭和のアナログスタイルの経営ですが、入居募集はインターネットを駆使して、新旧が入り混じった経営を行っています。義父はアナログ営業が得意ですが、私は苦手なので、将来的にアパート経営を引き継ぐときには、アナログよりもデジタル営業をしていくと思います」

――入居募集で工夫されていることを教えてください。

Yさん
「大学のそばにあるアパートなのでライバル物件が多いのと、学生向けなので繁忙期を逃すと入居募集が難しくなります。周囲の状況を聞くと新築でも丸ごと空いている物件もあるくらいです。
そこで物件のホームページをつくったりSNSを利用したりして集客しています。Facebook、Twitter、YouTube、Instagram、LINE、Google+……すべてを使っています」

――無料インターネットを検討した理由は?

Yさん
「畳をフローリングへ、砂壁をクロスへ交換したり、アパートの中はかなりキレイにしています。入居率もほぼ満室でそこそこ良かったです。ただし、毎年の募集はラクではありません。
アパートの集客を考えたときに、業者さんからこれがあると決まりやすいというリストのトップに無料インターネットがあったのです」

――なぜアパートWi-Fiを選んだのでしょうか。

Yさん
「やはり信頼性です。金額的に高くないし、知名度もあります。というのも、募集サイトは大学生のお母さんをターゲットにしているのです。学生さんの住まいを探すのは、お母さん。だったら、お母さん目線で満足できるような物件を提供しよう……と。
そうなると、バッファローさんのアパートWi-Fiであれば、お母さん方も知っています。それに、家賃にインターネット費用が込みになれば、魅力に思っていただけるでしょう」

――サービス開始後、空室対策や退去防止など、導入効果はありましたか?

Yさん
「入居者のお母さんからお礼を言われました。ひかりインターネットを解約して、格安スマホに切り替えたら、8,000円近いランニングコストの削減になったそうです。学生さんからも『使ってます!』という声をいただきます」

――導入にあたりトラブルはありましたか?

Yさん
「室内工事がなく、非常にスムーズに導入できました。一度だけ、繋がりが悪いという入居者さんがいたのですが、名前と電話番号を伝えると、サポートセンターからすぐに電話がきたそうです。
Wi-Fiの発信機をリモートコントロールできるということで、修理の担当の方がこなくても回復しました。24時間365日、即対応してもらえるのはありがたいことです。というのも学生さんたちの就活はすべてインターネットでエントリーを行いますからWi-Fiは重要なのです」

――最後に今後の取り組みを教えてください。

Yさん
「アパートの運営を通じて、地域愛、大学愛、入居者への想いなど、自分のできる範囲で行っていきたいです。また、今はインターネットで入居が決まる時代です。人気設備を導入したら、しっかりネットでアピールしていかなくてはいけないと考えています。
義父たちは昔の人間ですから、インターネット集客に対するコストを認めてくれませんが、しっかり結果を出して、ゆくゆくはスマホサイトをつくりたいと考えています」

神奈川県平塚市にある「コーポヤマシタ」、古い物件ながら小まめなリフォームを行い、学生さんへ快適な居住空間を提供している。後ろに見える建物は東海大学の校舎
参照:コーポヤマシタblog

オールインワンパッケージが人気のアパートWi-Fiは全国に対応!

さて、このように学生向けアパートオーナーからも注目を集めているアパートWi-Fi。インターネット回線料金も含んだオールインワンパッケージとなり、戸数に応じた価格設定で物件規模にあわせた導入が可能となっている。料金体系は見積もり式ではなく全国一律で明朗。

【 アパートWi-Fi新価格 】

【監視カメラパック(オプション)新価格】

「初期費用(工事費・機器費)を一括で支払い、回線費・保守メンテナンス費を月々支払うという選択にくわえて、家賃収入の中から、初期費用・回線費・保守メンテナンス費を月払いする『初期費用0円 6年間分割払い』も好評です。また、オプションの監視カメラも同様に一括払いと6年分割払いから選ぶことができます」
と、横山氏。推奨アパートは壁材サイディングまたはALCの3階建以下、かつ1部屋40m2(目安:2DK)以下のアパート。対象エリアは沖縄以外の全国。費用対効果の高い空室対策・退去防止に、アパートWi-Fi・監視カメラを検討してはいかがだろうか。

◯詳細・お申込
http://buffalo-its.jp/apartwifi/

または、アパートWi-Fiで検索
(お問い合わせの際には、「健美家を見た」とお伝えください)

株式会社バッファロー(旧社名:株式会社メルコ)は愛知県名古屋市に本社を置く、1975年創業のパソコン周辺機器メーカーで、Wi-Fi機器国内シェアNo.1。

導入事例

お問い合わせ

お問い合わせはこちら
バッファローITソリューションズ メルコグループ